i-smartレポ~29坪2階建ての住みごこち~

2017年12月入居。一条工務店i-smartの住みごこちをレポートします。

2018年5月の太陽光売電料とシミュ比

もう6月分の売電料が出ていますが、今回は2018年5月の太陽光発電の売電と、一条のシミュレーションとの比較を載せてみます。

期間は、5月(4月4日~5月6日)です。

 

2018年5月の太陽光売電料

容量:7.77kWh

地域区分:Ⅳ地域

 

  • 30,156円
  • 1,077kWh

(売電単価:28円)

(計量日数:33日)

 

でした!

1日あたり、

  • 913円
  • 32kWh

でした。

3万超え!

まさか超えてくるとは思いませんでした。

床暖房を切って消費電力が下がった上に、天気がいい日が多かったのかな?

計量日数が33日で、少し多かったのもよかったかもしれません。

 

これで2018年の売電額は、

2月 5,012円

3月 19,264円

4月 25,368円

5月 30,156円

—――――――――

合計 79,800円

 

となりました。

 

太陽光シミュレーション比較

一条工務店から、間取りの打ち合わせの段階で、太陽光発電の発電量のシミュレーションを出してもらっています。

それとの比較をしてみます。

この比較をする数値は、電気代の請求期間ではなく、1日〜月末までの期間で比較しています。

数値は、一条工務店アプリで確認しています。

 

シミュレーション条件

パネル:結晶系

地域区分:Ⅳ地域

延床坪数:30坪

電力会社:中部電力

屋根方向:-15℃(南東)

屋根勾配:1.5寸

容量:7.77kWh

 

青色がシミュ値、赤色が実際の発電量です。

f:id:waku2kakeibo:20180606165057g:plain

5月がもう出ていますが、今回は4月をご覧ください。

シミュレーション値
  • 4月 777kWh 
実際
  • 4月 1,103kWh(シミュ比142%) 

 

またもや140%を超えました。

一条のシミュレーションが厳しめになっているのか、わが家の陽当たりが予想以上にいいのか…。

わが家のシミュレーションは、地域が近隣の市になっていました。その市よりも陽当たりが良いのかな?

とにかく、シミュレーションを超えているのは嬉しいことです。

このまま超え続けてほしいものです。

 

過去3か月の発電量の推移

過去3か月の発電量です。

一条工務店アプリの「1日ごとの発電量」で見てみます。

今回は、2月〜4月を並べてみました。

f:id:waku2kakeibo:20180606200546g:plain

発電量が徐々に増えてますね。

太陽が出ている時間が増えているので、自然と発電量も増えています。

どこまで伸びるでしょうか。

また、いつから下がっていくのか。

ちょっと興味があるのでこのまま調べてみたいと思います。

 

1番発電が多かった日

  • 4月28日(52.63kWh)

f:id:waku2kakeibo:20180608154747g:plain
発電時間が、朝5時〜18時に伸びています。

 

ちなみに先月、一番発電が多かった日

  • 3月23日(42.4kWh)

f:id:waku2kakeibo:20180608154807g:plain

発電時間は6時~17時。

意外なことに、1時間の発電量のピークは3月のほうが多かったです。

 

  • 4月28日 11時 6.53kwh
  • 3月23日 11時 6.68kWh

 

でも、グラフを比べてみるとわかるのですが、4月のグラフのほうが太ってます。

5月が発電のピークなので、こちらもどこまで太るのか調べてみたいと思います。

 

感想

買電料3万は嬉しいですね。

毎月これくらいあれば、生活が楽なんですが。笑

発電量はシミュレーションを超えているので、わが家の太陽光発電は順調ですね。

このままトラブルがなければいいなーと思っています。

 

以上、2018年5月の太陽光売電料とシミュ比でした。