i-smartレポ~29坪2階建ての住みごこち~

2017年12月入居。一条工務店i-smartの住みごこちをレポートします。

床暖房を切るときのめやすメモ

いやぁ、昨日、今日は寒いですね。

24時間冷房を入れた直後に外気温が下がるってなんなんですかね。笑

エアコン切りましたよ。笑

 

さて、少し前の話ですが、床暖房を切りました。

そのときのメモです。

私は冷え性なので、春が来るのがほんとうに待ち遠しいんですよね。

寒さがやわらいで、だんだん暖かくなって来る季節がすごく好きなんです。

なので床暖房を切るめやすを残しておいて、来期からその日を目標に寒くて厳しい冬を乗り越えようと。

 

 

床暖房を切ってから振り返ってみると、床暖房を切るめやすは、ふたつありました。

 

ひとつ目。

3月の終わり頃、床暖房を切る瞬間を、いまかいまかと待っていました。

そして、ある日、ついにもう要らない!という日がきました。

それが、「桜が満開の日」だったんですよね。

その日に部屋の中がムンムンしていて、床暖房なんてまったく無意味に思えて、切ったと同時に窓を開けました。

 

でもその数日後、雨が降った日があって、また気温がぐっと下がったんですよね。

エアコンを入れたけど、電気の消費量は床暖房に比べると高くて。しかも、寒い。

部屋の隅っことか、キッチンにいるときとか、床暖房に比べたら寒いんですよね。

なのでエアコンはやめて、また床暖房を入れました。2日間くらいだったかな。

その後、また気温が上がって、床暖房を切りました。

その日が、「桜が完全に散った日」だったんですよね。

これがふたつ目。

 

なので。

床暖房を切るめやすは、

 

・桜が満開の日

・桜が完全に散る日

 

と、わが家の場合は覚えておくことにしました。

 

具体的な日にちじゃなくて、自然の植物の様子で決めるなんて、風情がありませんか?笑笑

来年も同じ気候とは限らないので、来年はまた床暖房を切るタイミングが違うかもしれませんけどね。

 

私は冬が苦手なので、秋が終わり寒くなってくると憂鬱な気分になりがちなんですが、このめやすを覚えておいて、春を待ちわびたいと思います。